MB-S1

S1で98用バスマウスを使う


S1関連資料

TOP PAGE

S1でPC-9801用バスマウスを使う

 S1にはマウス機能がありますが、純正マウスに付属するマウス制御ICが必要です。マウスICがあればPC-9801用のバスマウスを接続して使うことができるそうです。先日入手したS1にはマウスICが付属していましたので、さっそくバスマウスを接続してみることにしました。


マウス制御IC YGP-001

 S1側はミニDIN8ピン、バスマウス側はミニDIN9ピンなので、コネクタの変換が必要です。マウス内部の回路を調べた結果、以下のようになりました。回路図からマウス側の7ピンをとばして番号順に接続すればいいようです。


S1側IFとバスマウスの回路図(クリックで拡大)

 実際に接続してみると、マウスの移動は問題なし。ただし、マウスボタンは押したときと離したときの両方で割り込みが発生します。どうやら、マウスボタンのOF/OFF時にチャタリングが発生しているようです。


マウスコネクタは背面にある

 S1のマウスICにはチャタリングを回避する機能は入っていない、ということで、S1とマウスの間にチャタリング回避の回路を組み込むことで割り込みの問題は解決しました。

まとめ

 S1で98用バスマウスが使えることを確認することができました。今回はマウスICを使いましたが次回はマウスICがない場合を考えてこのマウスICの機能を含めてPS/2マウスを使う回路を作ってみたいと思います。(おわり)

 

TOP PAGE