MB-6892
MB-S1

ダウンロード


●マーク5エミュレータ(MARK5 Emulator)

V1.5.0

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
bml3mk5_win32_150.zip (411KB, 2017-03-26)
[MD5:43dd116019ba01d0944be2280c64cb3b]
Windows 32ビット 実行ファイル デバッガ付き (32bit Binary with Debugger)
bml3mk5_win32_150_dbgr.zip (451KB, 2017-03-26)
[MD5:798cfc786e203f21c362b33c4f3e0937]
Windows 64ビット 実行ファイル (64bit Binary)
bml3mk5_win64_150.zip (441KB, 2017-03-26)
[MD5:dffe41029854f465ea0a20bab6027b74]
Windows 64ビット 実行ファイル デバッガ付き (64bit Binary with Debugger)
bml3mk5_win64_150_dbgr.zip (489KB, 2017-03-26)
[MD5:4fe58f916a5e1b9c0f27b3d4fa59f5a9]
Windows(VC++)版ソースファイル (Source)
bml3mk5_win_150_source.zip (790KB, 2017-03-26)
[MD5:26465907fe778f8ee68f94246e2ce0bc]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
bml3mk5_cocoa_macosx_150.dmg (2.2MB, 2017-03-26)
[MD5:6bffbc8555b5b6b92a638523bcabd50a]
Mac OS X Intel 実行ファイル デバッガ付き (Binary with Debugger)
bml3mk5_cocoa_macosx_150_dbgr.dmg (2.3MB, 2017-03-26)
[MD5:7d4b0fdb215e5c3c971d63b1fecf8a8b]
SDL版ソースファイル (Source)
bml3mk5_sdl_150_source.zip (1.1MB, 2017-03-26)
[MD5:3b7705768bbbe2a137f65cba76d02920]

V1.4.7

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
bml3mk5_win32_147.zip (277KB, 2017-02-26)
[MD5:6325abc6a2f032411d32bec7864a6cb3]
Windows 32ビット 実行ファイル デバッガ付き (32bit Binary with Debugger)
bml3mk5_win32_147_dbgr.zip (316KB, 2017-02-26)
[MD5:baafabda95e2ddb45d42a8c7c54b8375]
Windows 64ビット 実行ファイル (64bit Binary)
bml3mk5_win64_147.zip (308KB, 2017-02-26)
[MD5:4e8cdf42c9c9d212508198a205a47d01]
Windows 64ビット 実行ファイル デバッガ付き (64bit Binary with Debugger)
bml3mk5_win64_147_dbgr.zip (353KB, 2017-02-26)
[MD5:5f0ac3425cbc3dcf99e5e8a35c705e13]
Windows(VC++)版ソースファイル (Source)
bml3mk5_win_147_source.zip (607KB, 2017-02-26)
[MD5:e910de15e8fcf7438cf9e99a15bd2a76]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
bml3mk5_cocoa_macosx_147.dmg (2.0MB, 2017-02-26)
[MD5:597ab429ca07c44a18106a9662bb3ab8]
Mac OS X Intel 実行ファイル デバッガ付き (Binary with Debugger)
bml3mk5_cocoa_macosx_147_dbgr.dmg (2.1MB, 2017-02-26)
[MD5:e372a15675fa3626169a66a0435b95b9]
SDL版ソースファイル (Source)
bml3mk5_sdl_147_source.zip (896KB, 2017-02-26)
[MD5:7beed25ab0e058dcf5517710993c227f]

旧バージョン

変更履歴

2017-03-26    Version 1.5.0
[新機能]
・仮想キーボードを実装した。
・パワーオフの状態にできるようにした(設定で変更可能)。
・最近使用した状態ファイルの履歴を記録するようにした。
・FDのフォーマットなどWRITE TRACKコマンド使用時はトラック全体を作り直すようにした。
・トラック情報のないd88ファイルをフォーマットできるようにした。
・[VC版]Windows7以降でMedia Foundationによる録画、録音に対応した。
・[デバッガ]ブレークポイントのアドレスに現在アドレス、次アドレスを指定できるようにした。
[改修]
・キー割当をVC版とSDL版で共通化した。このため、旧バージョンのキー割当は無効になり現バージョンのキー割当に初期化されます。
・最近使用したファイルの履歴を20ファイルまで記録するようにした。
・FDのアクセススピードを変更した。
・音量のバランスを変更した。
・パワーオンリセット時の挙動を変更した。
・画面保持モードを廃止した。
・I/Oポートでカラーレジスタは$FFD8~$FFDF、KBレジスタは$FFE0~$FFE7にした。
・CPUが未定義命令を読み込んだ際にメッセージを出力するかどうかを設定できるようにした。
・[Mac版]設定ファイルやログファイルをappフォルダの外に保存するように変更した。
・[デバッガ]JMP,JSRのダイレクトアドレッシング表記がおかしい不具合を修正した。
・[デバッガ]U,UPコマンドでの逆アセンブルでダイレクトアドレッシングの表記を変更した。
・[デバッガ]CPUの未定義命令を逆アセンブルすると表示が崩れる問題を修正。
・そのほか内部のコードをいろいろ変更。

2017-02-26    Version 1.4.7
・ROMイメージのロード時にデータチェックを行うようにした。
・5インチFDCでREAD ADDRESSコマンドを実行するとセクタが読めなくなることがある不具合を修正した。
・8インチFDの挙動を少し変更した。
・[Mac版]キー割当ダイアログで英数、かなキーを認識するようにした。
・[デバッガ]トレースバック(TB)コマンドを追加した。
・[デバッガ]ブレークポイントのアドレスに範囲指定を追加した。


●S1モデル05エミュレータ

V0.3.0

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
mbs1_win32_030.zip (429KB, 2017-03-26)
[MD5:0c769d8a25db109b5b66cc9d47cebad4]
Windows 32ビット 実行ファイル デバッガ付き (32bit Binary with Debugger)
mbs1_win32_030_dbgr.zip (472KB, 2017-03-26)
[MD5:25450cac5f5b7055bbd6f712865c8707]
Windows 64ビット 実行ファイル (64bit Binary)
mbs1_win64_030.zip (463KB, 2017-03-26)
[MD5:ce8027d56d5ff0fe9fef5949058793e6]
Windows 64ビット 実行ファイル デバッガ付き (64bit Binary with Debugger)
mbs1_win64_030_dbgr.zip (512KB, 2017-03-26)
[MD5:36a2bb9213ba032996604de5030731ee]
Windows(VC++)版ソースファイル (Source)
mbs1_win_030_source.zip (804KB, 2017-03-26)
[MD5:f1a10549f5106eb4cd7ffb2f2d52a42d]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
mbs1_cocoa_macosx_030.dmg (2.3MB, 2017-03-26)
[MD5:77fc3e30ab01603d3412d98c91dcaa9e]
Mac OS X Intel 実行ファイル デバッガ付き (Binary with Debugger)
mbs1_cocoa_macosx_030_dbgr.dmg (2.4MB, 2017-03-26)
[MD5:d3daf7a2cce7118e54cdb822c130374c]
SDL版ソースファイル (Source)
mbs1_sdl_030_source.zip (1.1MB, 2017-03-26)
[MD5:9a523ce2862601cb67cf821f30b12cd3]

V0.2.7

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
mbs1_win32_027.zip (298KB, 2017-02-26)
[MD5:cd427c437292b875fd76bcdd8ef0dc66]
Windows 32ビット 実行ファイル デバッガ付き (32bit Binary with Debugger)
mbs1_win32_027_dbgr.zip (340KB, 2017-02-26)
[MD5:b1f7bf1153c3bded453d1b652337da80]
Windows 64ビット 実行ファイル (64bit Binary)
mbs1_win64_027.zip (329KB, 2017-02-26)
[MD5:5ed40bf787383a97252d764174282e10]
Windows 64ビット 実行ファイル デバッガ付き (64bit Binary with Debugger)
mbs1_win64_027_dbgr.zip (378KB, 2017-02-26)
[MD5:482105b5902259d2503a6b551db9c34d]
Windows(VC++)版ソースファイル (Source)
mbs1_win_027_source.zip (640KB, 2017-02-26)
[MD5:d815189a319ebf7bc7d76d85b5bce449]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
mbs1_cocoa_macosx_027.dmg (2.1MB, 2017-02-26)
[MD5:db8fc4994227ee6b4b6936283d31e778]
Mac OS X Intel 実行ファイル デバッガ付き (Binary with Debugger)
mbs1_cocoa_macosx_027_dbgr.dmg (2.2MB, 2017-02-26)
[MD5:686e7e3cf02a5da71a360d4e57d14444]
SDL版ソースファイル (Source)
mbs1_sdl_027_source.zip (940KB, 2017-02-26)
[MD5:74eeec66e7a32927aed5fbb3eb927336]

旧バージョン

変更履歴

2017-03-26    Version 0.3.0
[新機能]
・仮想キーボードを実装した。
・FM音源カードを実装した。
・パワーオフの状態にできるようにした(設定で変更可能)。
・最近使用した状態ファイルの履歴を記録するようにした。
・FDのフォーマットなどWRITE TRACKコマンド使用時はトラック全体を作り直すようにした。
・トラック情報のないd88ファイルをフォーマットできるようにした。
・[VC版]Windows7以降でMedia Foundationによる録画、録音に対応した。
・[デバッガ]ブレークポイントのアドレスに現在アドレス、次アドレスを指定できるようにした。
[改修]
・キー割当をVC版とSDL版で共通化した。このため、旧バージョンのキー割当は無効になり現バージョンのキー割当に初期化されます。
・最近使用したファイルの履歴を20ファイルまで記録するようにした。
・FDのアクセススピードを変更した。
・音量のバランスを変更した。
・パワーオンリセット時の挙動を変更した。
・メモリウェイトなしの選択肢をメニューから設定ダイアログに移動した。
・CPUが未定義命令を読み込んだ際にメッセージを出力するかどうかを設定できるようにした。
・[Mac版]設定ファイルやログファイルをappフォルダの外に保存するように変更した。
・[デバッガ]JMP,JSRのダイレクトアドレッシング表記がおかしい不具合を修正した。
・[デバッガ]U,UPコマンドでの逆アセンブルでダイレクトアドレッシングの表記を変更した。
・[デバッガ]マッピングされていない領域を逆アセンブルすると分岐命令の分岐先アドレスの表示がおかしい不具合を修正。
・[デバッガ]CPUの未定義命令を逆アセンブルすると表示が崩れる問題を修正。
・そのほか内部のコードをいろいろ変更。

2017-02-26    Version 0.2.7
・ROMイメージのロード時にデータチェックを行うようにした。
・5インチFDCでREAD ADDRESSコマンドを実行するとセクタが読めなくなることがある不具合を修正した。
・GCURSORコマンドでマウスボタンを認識しない不具合を修正した。
・GCURSORコマンドで初期位置から右上方向に移動しない不具合を修正した。
・V0.2.0~V0.2.6で保存した状態ファイルをロードできない可能性がある不具合を修正した。
・[Mac版]キー割当ダイアログで英数、かなキーを認識するようにした。
・[デバッガ]トレースバック(TB)コマンドを追加した。
・[デバッガ]ブレークポイントのアドレスに範囲指定を追加した。


●WAVTOOL

V0.4.5

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
wavtool_win32_045.zip (1.3MB, 2016-06-26)
[MD5:92b69cbdb54cbd8a9056c75abff1c0e5]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
wavtool_macosx_045.dmg (4.4MB, 2016-06-26)
[MD5:1a1f3c54f4e098f443661b9785daec72]
ソースファイル (Source)
wavtool_045_source.zip (108KB, 2016-06-26)
[MD5:43105cd2c83ede30a6899c5c536d736f]

V0.4.3

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
wavtool_win32_043.zip (1.3MB, 2016-04-06)
[MD5:2573a9693054b2795afbe1140e70e99a]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
wavtool_macosx_043.dmg (4.4MB, 2016-04-06)
[MD5:5503258898c14bd5f237793311aa0a05]
ソースファイル (Source)
wavtool_043_source.zip (106KB, 2016-04-06)
[MD5:1d82e1d136e5829869ede76b5492dbea]

旧バージョン

変更履歴

2016-06-26    Version 0.4.5
・よく使用する機能をボタンにしてメイン画面に配置した。

2016-04-06    Version 0.4.3
・実ファイルからの出力でボーレートに応じてGAPの長さを変更するように修正。


●L3ディスクエクスプローラ

V0.2.0

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
l3diskex_win32_020.zip (1.5MB, 2017-02-26)
[MD5:52fb4239041c3ad069d85794228ac3eb]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
l3diskex_macosx_020.dmg (4.9MB, 2017-02-26)
[MD5:ce05dfafc488bce2e9162aaaa93f075c]
ソースファイル (Source)
l3diskex_020_source.zip (153KB, 2017-02-26)
[MD5:6cd67f9c8e8792607009546e580a96ee]

V0.1.5

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
l3diskex_win32_015.zip (1.5MB, 2016-09-10)
[MD5:48bb23e869738e26f182e3f8595f8093]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
l3diskex_macosx_015.dmg (4.9MB, 2016-09-10)
[MD5:bd2f8154c9238a563cb32570e7dd8f2b]
ソースファイル (Source)
l3diskex_015_source.zip (145KB, 2016-09-10)
[MD5:db42fc010e3acc55cc5e4f19aecee465]

旧バージョン

変更履歴

2017-02-26    Version 0.2.0
・トラックがないイメージファイルを生ディスクモードで選択すると異常終了する不具合を修正。
・ディスクイメージ内部のディスクサイズが0だとだんまりする不具合を修正。
・ディスクを削除したあと右側のウィンドウをクリックすると異常終了する不具合を修正。
・トラックがないイメージファイルを「初期化」することでトラックを作成する機能を追加。
・指定したトラック以降をすべて削除する機能を追加。
・ディスクパラメータを「変更」ボタンやディスク情報で変更できるようにした。
・ダンプウィンドウのスクロールに対応した。

2016-09-10    Version 0.1.5
・メニューに「ディスクデータを置換」を追加。ディスクの内容だけを置き換える機能。
・AB両面のあるディスクからA面/B面だけのディスクイメージを保存できるようにした。
・ファイル末尾にEOF($1A)があるとエラーで読み込めない不具合を修正。


●MPPRINTER

V0.4.1

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
mpprinter_win32_041.zip (1.3MB, 2016-01-27)
[MD5:43bbecb7b8e9a322d429e2c2554b7ab5]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
mpprinter_macosx_041.dmg (4.4MB, 2016-01-27)
[MD5:dafc6ab2c35534388fc315f2a3bdfe16]
ソースファイル (Source)
mpprinter_041_source.zip (136KB, 2016-01-27)
[MD5:936f890766db558b51042def8e670221]

V0.4.0

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
mpprinter_win32_040.zip (1.3MB, 2015-12-05)
[MD5:65b56f8850a3cc6b80a8fca7200847c5]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
mpprinter_macosx_040.dmg (4.4MB, 2015-12-05)
[MD5:61371696daae3345af444d40c83b7918]
ソースファイル (Source)
mpprinter_040_source.zip (135KB, 2015-12-05)
[MD5:7d356a94ef9440c99e74adf37d7ee95d]

旧バージョン

変更履歴

2016-01-27    Version 0.4.1
・HITACHIモードで縦倍密度モードを追加。

2015-12-05    Version 0.4.0
・色の濃さを調整できるようにした。また色の反転ができるようにした。


●L3/S1 BASIC 変換ツール

V0.6.6

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
l3s1basic_win32_066.zip (1.4MB, 2017-03-26)
[MD5:2582d27b7974e93cd804bf39c7db2376]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
l3s1basic_macosx_066.dmg (4.6MB, 2017-03-26)
[MD5:5db3206ca7710cddc54608a894c3397c]
ソースファイル (Source)
l3s1basic_066_source.zip (281KB, 2017-03-26)
[MD5:1e7cc777a821101f58ac07c20683c7a4]

V0.6.5

Windows 32ビット 実行ファイル (32bit Binary)
l3s1basic_win32_065.zip (1.4MB, 2017-02-01)
[MD5:8ab7eba8eea53f05c84ae829a984e527]
Mac OS X Intel 実行ファイル (Binary)
l3s1basic_macosx_065.dmg (4.6MB, 2017-02-01)
[MD5:62449ac9cbe8a20bd8900f074e50e61c]
ソースファイル (Source)
l3s1basic_065_source.zip (281KB, 2017-02-01)
[MD5:476c4a216e8909c9efe475a4b48769cd]

旧バージョン

変更履歴

2017-03-26    Version 0.6.6
・S1 BASICでWAIT文の直後の数値を行番号と判定している不具合を修正。
・[Mac版]設定ファイルをアプリと同じフォルダに保存するように変更。

2017-02-01    Version 0.6.5
・S1 BASICでINPUT WAIT文の直後の数値を行番号と判定していない不具合を修正。
・S1 BASICでAUTO、EDIT文の数値を行番号と判定していない不具合を修正。


●ダンプリスト変換ツール

V0.3.0

Perl Version5.8以上
dump2bin_030.zip (4.4KB, 2012-08-28)
[MD5:e8d5aa14045524fca1f43c124c2cbb2a]

 

TOP PAGE